冨田実アイクリニック銀座の緑内障治療は、眼科専門医による完全主治医制の緑内障手術をご提供できます。

緑内障なら冨田実アイクリニック銀座

眼圧上昇の原因をピンポイントで改善させる 「SLTレーザー治療」

緑内障は日本において失明原因の第1位にランクされる非常に怖い目の病気です。一般的な緑内 障治療は「点眼治療」「内服薬治療」「レーザー治療」「外科的眼手術」といった流れになりますが、長期間に渡る薬剤治療の負担や内服薬の副作用、最終手段となる外科的眼手術には感染症や合併症、失明などのリスクがありました。当院では、治療による合併症が少なく、優れた眼圧低下の効果が得られるSLTレーザー治療を新規導入致しました。SLTレーザー治療は、眼圧上昇の原 因をピンポイントで改善することが可能であり、治療効果が長期間持続できるため、より効果的に緑内障治療を行うことができます。

SLT緑内障レーザー治療の特徴

点眼薬や内服薬による治療は、一般的な緑内障治療として行われていますが、病気を進行させな いためには生涯にわたって治療を継続する必要があります。しかし、副作用やアレルギーが生じることもあり、毎日継続する負担も軽くはありません。また、外科的眼手術は、合併症や感染症 のリスクが高い上に、手術をしても傷んだ視神経や失った視野を取り戻すことはできません。 レーザーによる緑内障治療は、眼圧上昇の原因をピンポイントで改善することができ、治療効果が長期間持続するため、薬剤治療の負担軽減、最終手段である外科的眼手術の回避できるメリッ トがあります。また、低エネルギーの短パルスレーザーを照射しますので、眼内構造に損傷を与 える心配もありません。

SLT緑内障レーザー治療のメリット

  • 合併症が少ない
  • 繰返し治療を受けることができる
  • 治療効果が長期間持続する
  • 健康保険が適用され経済的負担が軽い
  • 最終手段である外科的眼手術の回避
  • 就寝時間帯の眼圧変動を抑制
  • 入院の必要がない
  • 低エネルギーでダメージが少ない
  • どの過程でも治療が行える
  • 毎日の点眼の煩わしさがない

SLT緑内障レーザー治療の流れ

一般的な緑内障治療は、点眼薬治療から開始して経過を観察し、思うような効果が得られなければ、点眼薬の種類を変更したり、複数の点眼薬を組み合わせて治療を行います。それでも効果が得ら れない場合は、内服薬による治療がありますが、副作用の関係から長期的な内服治療は難しいケースがあります。SLT 緑内障レーザー治療は、緑内障の進行過程のどのタイミングでも行うことができますが、早い段階で受ける方が高い効果が期待できます。長期間の点眼治療や内服薬による治療を継続した場合は、十分な効果が得られないことがりますので、治療を選択する際は、出来る限り早期に治療を行うことが効果的です。

  • 点眼麻酔をします
  • レーザーを照射します (片眼5分程度)
  • 30分ほどお休みいただき、 眼圧を測定して終了です

SLT緑内障レーザー治療のタイミング

治療の選択は早い時期ほど高い効果が期待できます

一般的な緑内障治療は、点眼薬治療から開始して経過を観察し、思うような効果が得られなければ、点眼薬の種類を変更したり、複数の点眼薬を組み合わせて治療を行います。それでも効果が得ら れない場合は、内服薬による治療がありますが、副作用の関係から長期的な内服治療は難しいケースがあります。SLT 緑内障レーザー治療は、緑内障の進行過程のどのタイミングでも行うことができますが、早い段階で受ける方が高い効果が期待できます。長期間の点眼治療や内服薬による治療を継続した場合は、十分な効果が得られないことがりますので、治療を選択する際は、出来る限り早期に治療を行うことが効果的です。

「SLT緑内障レーザー治療」 の選択時期と効果について

SLT緑内障レーザー治療の費用

点眼薬による治療は、3割負担の場合、使用するお薬の種類や本数にもよりますが、2年間で36,000円~ 72,000円が平均的な費用です。SLT 緑内障レーザー治療は、健康保険が適用されますので、3割負担で片眼27,000円前後で受けることができ、治療費の経済的負担を軽減することができます。また、民間の医療保険に加入されている方は、治療の給付金を受け取れる場合があります。詳しくは、ご加入の保険会社にご確認ください。

緑内障治療の注意点

緑内障の治療は、視野狭窄や視野欠損といった症状をこれ以上進行させないことが重要です。 かつては、緑内障は失明に至る怖い病気でしたが、現在は医学の進歩によって失明を予防するこ とが可能になりました、残っている視界を守ることができます。 ただし、少し症状が治まったからといって、自己判断で通院を止めてしまうことは大変危険です。